南オーストラリア州で生産される食品及び飲料は、オーストラリア国内だけでなく世界各地でも優れた品質の良さを高く評価されています。

南オーストラリア州はオーストラリア大陸の中央南に位置し、面積は984,377㎢で国内で 4番目に大きな州です。人口は167万人で、そのほとんどが州都アデレードに住んでいます。

優れた環境と地中海性の気候が特徴です。州を代表する食品として水産物、肉、柑橘類、穀物やアーモンドがあります。

これらの商品の評判はクリーンな環境のもとに生産された品質に裏付けされており、生産現場から最終消費地までのバリューチェーン全体で積極的に行われている品質及び安全に関する規則や検査によって支えられています。

南オーストラリア州の食品メーカーと生産者の大半は中小規模の企業であり、その内の大多数が企業の所有者が経営もしくは家族経営です。オーストラリア国内においても象徴的なブランドのクーパーズ (Coopers)、ビーレンバーグ(Beerenberg)、スプリングガリー(Spring Gully)などの企業があります。また加工/生産において革新的な技術をもつクリーンシーズ (Clean Seas)やビックフォーズグループ (Bickford’s group) があります。

 

South Australia produces food and beverages of exceptional quality, appreciated across Australia and around the world.

Located centrally on the Australian continent, South Australia is the nation’s fourth largest state by size, covering 984,377 square kilometres. The capital city, Adelaide, is home to most of the state’s 1.67 million population.

South Australia is renowned for its pristine environment and Mediterranean climate. Premium South Australian produce includes internationally renowned seafood, meat and and a wide range of horticultural crops including citrus, grains and almonds.

This reputation is built on the quality of products grown in our clean environment, supported by actively enforced quality and safety regulations along the entire value chain from the point of production to end consumption.

The majority of South Australian food manufacturers and producers are small to medium enterprises, often owner-operated and family owned, including iconic brands such as Coopers Brewery, Beerenberg Farm, and Spring Gully Foods. Other great South Australian companies have revolutionised agribusiness, such as Clean Seas and Bickford’s Group.

下記のタブをクリックして頂くと食品飲料業界の詳細をご覧頂けます。
Click on the tabs below to find out more about our food and beverage industry.

南オーストラリア州の食品飲料業界の価値は16.4ビリオンドル(AUD)です。

南オーストラリア州では5人に1人が食品およびワイン業界で働いているとされています。これらの業界は成長業界であり、州の国内および輸出収益の増加に貢献しています。

また州においてはフード/ワインツーリズムを推進しており、カフェやワインセラー、レストラン、マーケットにおいて新鮮で最高の味を

海外からのお客様にも楽しんで頂いています。

 

The South Australian food and beverage industry is valued at $AUD16.4 billion.

One in five workers in South Australia is employed in the food and wine sector. It’s a growing industry, adding value steadily to South Australia’s domestic and export income.

The state also boasts a thriving food and wine tourism industry, attracting many visitors from overseas to sample the best and freshest produce right on the grower’s doorstep at cafes, cellar doors, restaurants and farmers’ markets.

南オーストラリア州の食品飲料業界は、品質と食の安全のために世界最高の実践に取り組んでいます。

生産現場から消費者まで、南オーストラリア州の生産者、加工業者、製造業者は品質保持 プロセスを遵守しなければなりません。私どもの食品および飲料は優れた品質と安全を確保するため、国内及び国際基準に則り厳しく監視されています。

オーストラリアは食品業界と生産者の保護のためオーストラリア検疫局検(AQIS)および国際的な厳しい認証制度を積極的に活用しています。

南オーストラリア州政府は政府機関であるPIRSA (Primary Industries and Regions SA)のプログラムを通じて害虫および病気のモニタリング、食品生産システム内における化学物質の使用及び管理を実施し、食品の安全性及び漁場や園地の環境を保護しています。

食品製造においてはHSSAPやISO9000, 食肉業界におけるMSA (Meat Standards Australia)、   卵生産者のECA(Egg Corp Assured)などの認証を取得し食品安全に注力しています。

 

South Australia’s food and beverage industry is committed to world best practice for quality and safety.

From farm to plate, South Australian growers, producers and manufacturers must comply with a range of comprehensive quality assurance processes. Our food and beverage businesses are monitored against national and international standards to ensure high quality and food safety.

Australia actively enforces international best practice accreditation systems to protect our food sector and our producers, including through the Australian Quarantine Inspection Service (AQIS).

The South Australian Government, through Primary Industries and Regions SA (PIRSA) ensures our biosecurity is protected with quality assessment programs specific to each food sector, including pest and disease monitoring, and control and the use of chemicals in food production systems.

Our food processors and manufacturers voluntarily comply with safety and handling standards systems such as HACCP (Hazards and Critical Control Points), ISO9000 and sector-specific standards such as the Meat Standards Australia™ (MSA) for beef, lamb and sheep meat and Egg Corp Assured (ECA) for egg producers.

南オーストラリア州の土壌は肥沃でありながらも脆弱です。私たち生産者はこの環境の脆弱性に常に注意を払い、将来の環境及び生産性について強く意識しています。

食品産業は南オーストラリア州のおいて一番価値の高い産業です。当然のことながら澄みきったきれいな海や生産的な牧草地を保護することは大変重要です。南オーストラリア州の 生産者は繊細な土壌が生産性を維持し、独自の生物多様性が次世代のため保護されるための土壌のマネージメントと生産システムの開発において、世界最高の実践を世界に先駆けて 行っています。また土壌に優しい農法を活用しており、例えばマルチングや化学肥料の使用は最小限に抑えています。これにより生産物の栄養分、味、食感を守っています。

地中海性気候は柑橘類や水産物に大変いい影響を与えます。また州の地形は各地域に独自の気候をもたらします。州の南西部でアウトバックの端に位置するクナワラは”フルーツボール”として有名です。この地域の土壌はテラロッサと呼ばれ、オリーブ、アーモンド、ぶどうの生産に適しています。カンガルー島は海によって生産性の高い牧草地帯や害虫や病気から保護されています。

州の北東部に位置するリバーランドでは、徹底したバイオセキュリティーにより地中海ミバエやフィロキセラ(ブドウネアブラムシ)の駆除に成功しました。

南オーストラリア州では遺伝子組み換え作物の生産は禁止されています。

 

South Australia’s soils are fertile, yet fragile. Our growers and producers are very conscious of the fragility of our environment, and of their role as stewards of its future productivity.

South Australia’s highest value industry is food. It’s important to South Australian food businesses to protect our clean oceans and productive pastures, so we do. South Australian farmers are pioneering world’s best practice in natural resource management and the development of production systems that will ensure our fragile soils remain productive and our unique biodiversity is protected for generations to come.

Our farmers and producers use soil-friendly farming methods such as minimum till and mulching are used across the state, while chemical use is minimised. These methods protect the nutritional quality, taste and texture of our produce.

We have a gentle Mediterranean climate that nurtures everything from citrus to seafood, and the state’s topography has created special regional microclimates, such as the tiny strip of terra rossa soil called Coonawarra where olives, almonds and grapes flourish in the state’s south east, the frost-free ‘fruit bowl’ hidden at the edge of the Outback, and Kangaroo Island, where the natural marine barrier protects productive cropping pastures from pest and disease.

Rigorous biosecurity practices have successfully stopped pests such as Mediterranean fruit fly and phylloxera becoming established in South Australia.

The cultivation of genetically modified food crops is prohibited in South Australia.

南オーストラリア州の食品/飲料の輸出額は州の合計輸出額のほぼ半分を占めています。(2015-2016年度)

主要輸出国/地域は日本、中国、香港、インドネシア及びアメリカです。

水産物は州の主要産品の一つで、ミナミマグロ、サザンロックロブスター、アワビ、キングエビを出荷しています。

ラム、羊肉、牛肉は品質、味、食感において世界的にも高く評価されております。また小麦、大麦の生産も盛んであり、それらを使用して作られるモルトやビールは国内外から多くの需要があります。

ジャガイモ、トマト、キュウリ、パプリカ、柑橘類やアーモンドは南オーストラリア州でも付加価値のある輸出産品です。州からのチーズなどの乳製品の輸出総額は30億ドルに達し、バターやヨーグルトも国内の他州や海外からの販売も順調に伸びています。

 

South Australian foods and beverages represented almost half of the state’s merchandise exports in 2015-16.

Our major markets include Japan, China, Hong Kong, Indonesia and the United States.

Seafood is a flagship export from South Australia, with the most famous of our exports being southern bluefin tuna and southern rock lobster, along with abalone and prawns.

Our lamb, sheep and beef are also internationally acclaimed for quality, texture and flavour, while our grain – particularly our wheat and barley, and the malts and beers produced with these grains – are in demand interstate and overseas.

Potatoes, tomatoes, cucumbers, capsicums, citrus and almonds are among South Australia’s premium horticultural exports, while dairy exports include around cheese exports valued at $30m, plus steadily growing sales of butter and yoghurt to interstate and overseas customers.

食品及び飲料産業は南オーストラリア州経済において大変重要な産業であり、州政府は長期的な生産性と成長を維持発展させるために優先的な支援を行っています。

州において最大の業界団体であるフードサウスオーストラリアは州政府の機関であるPIRSA (Primary Industries Resources SA ),  SATC (South Australian Tourism Commission),  Department of State Development,  Department of Premier and Cabinetと協力して業界のポテンシャルを最大限に引き出しています。

州政府のサポートにはバイオセキュリティーのマネージメント、品質管理、調査、市場開拓、研究開発及びマーケティングが含まれます。私たちと州政府の強力なパートナーシップにより、食品、飲料業界は国内外のマーケットにおいてブランド、マーケティングの支援を最大限に活用することが出来ます。

また恵まれた環境のもとで生産製造されるプレミアム食品やワインは南オーストラリア州にとって戦略的に重要な産品です。持続可能で倫理的な基準で栽培、生産された高級な産品を成長する国際市場においてメリットを享受するために、州政府は支援や努力に力を注いでいます。高級食品やワインに対してのプライオリティはクリーンな土壌、水、空気は守られ維持するというコミットメントによって成り立っています。

 

The food and beverage industry is a critical part of the South Australian economy, and the industry enjoys priority support from the South Australian Government to ensure long term productivity and growth.

The food industry and its peak body, Food South Australia, works collaboratively with a range of government agencies to realise this potential, including Primary Industries and Resources SA (PIRSA)South Australian Tourism Commission (SATC)Department of State Development and the Department of Premier and Cabinet.

Government support includes management of biosecurity and quality assurance, research and development, technical and business innovation and marketing. Strong partnerships between Food South Australia and government agencies enable our food and beverage businesses to harness significant branding and marketing support to showcase our produce in national and international markets.

Premium Food and Wine from our Clean Environment is one of the South Australian Government’s strategic priorities. This initiative aims to focus support and efforts of government to best position South Australia to reap the benefits of an increasing international market for premium food products grown and manufactured under the highest sustainable and ethical standards. The Premium Food and Wine priority is underpinned by a commitment to supporting practices that maintain and protect our clean soil, water and air.

州で生産される食品について

  • 南オーストラリア州で生産される産品は優れた品質、栄養価値も高いことで国際的にも有名です。私どもの食品及び飲料業界は食料の安全保障とトレーサビリティを確保するためにベストプラクティスと厳しい規制によって保護されています。
  • 南オーストラリア州は土壌及びワイン科学に関しての発祥の地であると広く認識されています。 南オーストラリア州に拠点を置く両分野は、生産の質の向上と繊細な土壌や作物の生育環境をより良いマネージメントに貢献しています。
  • 南オーストラリア州で獲れる魚介類の品質と味は、南太平洋の冷たく澄み切った透明な海水がより良質のものにしています。
  • 大変厳しいバイオセキュリティの施行により地中海ミバエやフィロキセラなどの害虫の侵入を防ぐことに成功しています。南オーストラリア州では遺伝子組み換え作物の栽培は禁止されています。
  • 南オーストラリア州はオーストラリアのアーモンド生産量の30%を生産しております。オーストラリアのアーモンド生産量はアメリカに次いで第2位の規模を誇り、アーモンドの最大の顧客は日本です。

 

Food for thought

  • South Australian produce is renowned internationally for its premium nutritional quality, and our food and beverage industry is protected by best practice and regulation to ensure food security and traceability.
  • South Australia is widely considered to be the birthplace of both soil science and wine science. South Australian-based research in both fields has contributed to improving quality in production – and to better management of fragile natural resources – around the world.
  • The quality and flavour of South Australia’s seafood is enhanced by the cold, clear waters due of the Southern Ocean.
  • Rigorous biosecurity practices have successfully stopped pests such as Mediterranean fruit fly and phylloxera becoming established in South Australia. The cultivation of genetically modified food crops is prohibited in South Australia.
  • South Australia grows around 30% of Australia’s almond production and Australia overall is now the second largest producer of almonds (after California). Our biggest customer for almonds is Japan.

All statistics current SA Food ScoreCard report 2014/15.

Map of South Australia